· 

平成30年度センター試験出題(国語)

大問4問。200点満点。試験時間80分。

 

評論・小説・古文・漢文の4問。小説は現代女流作家作品が続いている。

 

古文は17年ぶりの歌論からの出題。漢文も久々の史伝からの出題。

 

第1問

配点50

 

 

 

評論

「現実をデザインする人間の基本的特性」に関する文章。文章量は昨年より1割増。問1の漢字は例年通り5題。匠・踏・乾・摂・洗について問われた。問2は理由説明。問3は四人の対話の空欄を補充する新傾向の問題。問4の理由説明はやや判断に迷う。問5は内容説明。問6は表現と構成。

第2問

配点50

 

小説

井上荒野の「キュウリのいろいろ」から出題。問1の意味解釈は、腹に据えかねた・戦きながら・枷が外れる、の3題。問2の理由説明は「苦笑」の解釈がポイント。問3・問4は心情説明。問5の理由説明と問6の表現説明はいずれも三行選択肢でともにやや難しく、じっくり消去法で取り組む必要がある。

第3問

配点50

古文

本居宣長の「石上私淑言」から出題。和歌についての見解を問答体形式で述べたもの。問1の意味解釈は、あながちにわりなく・いかにもあれ・さらになつかしからず、の3題。問2の文法は接続助詞「ば」が順接確定条件か仮定条件かの判別を問う問題。問4の主張説明は「欲」と「情」の区別がポイント。

第4問

配点50

漢文

問1は、「議」論評すると「沢」恩恵を施す、の意味解釈。問2は「知」の語句解釈。問3は書き下し文とその解釈の組み合わせ問題。問4は話の主体の判断。問5は理由説明・問6は全体趣旨説明。